パセリデザインについて"> パセリデザインについて">
デザインの「ちょっと困った」気軽にご相談ください。

パセリデザインについて

パセリデザインは初めてデザインを依頼する方に寄り添ってサポートいたします

パセリデザインは埼玉県所沢市にあるフリーランスデザイナー・あまのあいによる個人デザイン事務所です。

学生時代はデザイン科・イラスト専攻だったこともあり、水彩タッチイラストをアナログからデジタルまで得意としています。

3児の母でもあり、女性やファミリー層に向けたデザインが主な実績に多くあります。

なにが特徴なの?

デザインを初めて頼まれる方の味方であることです!

プロに頼むと専門用語が分からなくて・・・。
よく分からないと追加料金をどんどん取られるんじゃないかしら・・・。などという不安をお持ちの方に寄り添って、気軽に相談できる存在でありたいと思っています。

特に起業したばかり、開店したばかり、など何から始めたらいいのか?何が必要なのか?という方こそ、伴走者として一緒に考え、ご提案させていただきます。

デザインとパソコンにちょっと詳しい部下や知り合いが出来たと思って頼っていただければ幸いです。

お試しプランもありますのでお気軽にご相談ください!
お試しプランについての詳細はこちら⇒⇒⇒【click!】

 

「パセリデザイン」の由来

パセリは高価なものでもなくメインになるものでもない地味な存在ですが

主役を引き立てる欠かせない存在です。

たとえばミートソース。たったひとふり、そっと添えただけなのにパセリがあるのとないのとでは大きな差が出てきます。

より価値のある、美味しそうなものに見えます。

もちろんもともと美味しいミートソースだったとしても、それをより美味しく感じてもらえるようになります。

ミートソースはお客様。パセリはデザインです。

デザインで、お客様のお仕事や商品をより一層美味しくするお手伝いをさせてください。

 

 

代表・あまのあいについて

おえかき三昧の子供時代。

埼玉県熊谷市で幼児期を過ごす。この頃から外遊びするならお絵かきするインドア派。

小学校入学と同時に埼玉県所沢市に引っ越し。やっぱり外遊びよりジャポニカ学習帳に漫画を描くインドア派。この頃の夢は漫画家。

中学・高校と美術部に所属し、やっぱりおえかき三昧。

このころからパソコンも大好きで中学3年生のときに初めて自分でホームページを作る。
高校時代はドームになりたての西武ドームでアルバイトをしていました。
この頃から夢が「イラストレーター」に。

高校卒業後、美術専門学校に進学。

「デザイン科」に進んだものの、「イラスト専攻」だったので授業はほぼデッサンやアナログな制作。学校では「絵を描くとはどういうことか」という根源に関わる部分を学びました。パソコンの授業はほとんどなかったので、独学でPhotoshopやIllustratorなど習得。

在学中はビーズ専門店でバイトするものの、浅草橋の存在を知りお給料の半分がそのままビーズに消えるサイクルに・・・。おかげで今もアクセサリー作りが好きです。

学生時代からイラストレーターとして少しづつお仕事を頂いていました。

卒業後、紙袋や包装紙を企画製造する会社に就職。

そこでは印刷のプロはたくさんいたものの、デザインの先輩はいなかったので手探りの毎日でした。でもそのおかげですぐに商品のデザインを担当させてもらえることに。LOFTや東急ハンズで販売され、売り場で目にしたり実際に使っている方を見て感動しました。

デザインと名のつくものならなんでもやる、というのはこの頃養われ、渋谷のアパレルショップの販促物から米袋、と様々な傾向のデザインはもちろん、会社のコーポレートサイトからチラシ、直営店のポップ、Webショップの管理まで、毎日ガラッと違う仕事をするというバリエーションに富んだ会社員時代でした。

その後結婚。長女出産を機に退職。

結婚後も所沢に居を構え実家のサポートを受けつつ育児に奮闘。この間も、友人の紹介でイラストの仕事をしたり、趣味だったり、と絵を描くことが一番のストレス解消法であり息抜きでした。

長女が大きくなってくると近所のママさんとの交流も増え、デザインの仕事をしていたことを覚えていてくれていた方からご依頼をいただくように。

それを機に、所沢で講師業をしている方々からご依頼を頂くようになりました。

そして2012年。パセリデザインスタート。

それまでご紹介だけで受けていた依頼も徐々に件数が増え、輪も広がってきたことから仕事として本格的にはじめることに。

ホームページを開設したことで所沢周辺だけではなく全国の皆様からご依頼をいただけるようになりました。

以来、地域密着の身近なデザイナーとしてお役に立てるよう日々頑張っています。

先頭に戻る